読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

企みハジマル

企画を企む人の読書、ハジマル。ハジない、二重マルの企画を作るために。

岡崎体育「MUSIC VIDEO」のスゴさを検証する

岡崎体育さん「MUSIC VIDEO」が注目されているため、
なぜ、注目・流行しているのかを自分なりに検証してみた。


まずは、岡崎体育「MUSIC VIDEO」とは

岡崎体育「MUSIC VIDEO」は、これまのミュージシャンのミュージックビデオの
”あるある”を歌詞として作り上げた楽曲。

例えば、冒頭の歌詞を
抜粋すると・・・・

カメラ目線で歩きながら歌う
急に横からメンバーでてくる
突然カメラを手で隠して、次のカットで場所移動している。


ミュージシャンのPVにある「カメラ目線で歩く」など、
よく見るシーンをシンプルに切り抜いた、まさにミュージックビデオである。

歌詞だけ見ると伝わらないので、
実際に歌と映像を見てもらうと、完成度の高さを実感出来る。


岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video

 

岡崎体育「MUSIC VIDEO」のスゴさを検証してみる

大きくは、「①誰もが分かる共感性」「②掛け合わせの新しさ」が、
話題になった理由・スゴさと考えている。

 

1:「誰もが分かる共感性」を生む歌詞がスゴい

「人は、人と共通の話題を持ちたい!」と潜在的に思っている。
共通の話題があると、仲良くなったり、話が盛り上がった経験がある人も多いと思う。

ただ、今は多様な価値観が存在しており、テレビの力も弱くなったこともあり、
共通の話題で盛り上がる機会が少なくなってきている。
(昔は「月9」や「ごっつええ感じ」で翌日にその話で盛り上がったのが懐かしい)

岡崎体育の「MUSIC VIDEO」のスゴいポイントは、
歌手の「ミュージックビデオ」の一般的な”あるある”を描写しているため、
共通の好きな歌手を持たない人同士が見ても、一緒に盛り上がれる点である。

ミスチル好きでも、サザン好きでも、単純にカラオケ好きでも、
ミュージックビデオを何かしら見ていれば、”あるある”と共感できると共に、
人に伝えても、共感してもらえるコンテンツに仕上がっている。

人同士が繋がる共感性を見事に捉えていることがスゴい!

2「音楽」×「あるある」(掛け合わせ方が新しい)

”あるある”ネタは、これまでもお笑いでは良く見る枠組みではあったが、
それを真面目に、ハイクオリティで「音楽」として成立させている点がスゴい。

お笑いの世界でも「ネタ」に「音楽」を掛け合わせ、
人気になった芸人も数多くいる。今年だと「ピコ太郎」や「RADIOFISH」。

岡崎体育の「MUSIC VIDEO」はこの逆の発想で成り立っている。

「音楽」に「あるあるネタ」を掛け合わせ、音楽のフィールドで、
ハイクオリティの楽曲・PVを完成させている点がスゴい。

「音楽」というフィールドに、「ダンスパフォーマンス」を掛け合わせ、
ハイクオリティに作り上げたのが「EXILE」だと思う。

本気の「音楽」に、何を掛け合わせるかで、新しさが生まれるため、
この掛け合わせの妙が、これからの時代の話題性にも繋がると考えられる。

「お笑い」のジャンルから、新しい音楽ジャンルを生むヒントも見つかるのでは、
と発想を膨らませるヒントを得られる「MUSIC VIDEO」でした。